注册 找回密码
搜索
查看: 521|回复: 2

科学防癌、健康长寿协会等的漫谈 延年益寿长命百岁(摘录)

[复制链接]
发表于 2016-12-15 19:51:36 | 显示全部楼层 |阅读模式
科学防癌、健康长寿协会(组织)等的漫谈  延年益寿、长命百岁!(摘录)

(原创)

顾汉涛

2014-9-6

日本人平均寿命为83岁(女87,男80),中国人均寿命为76岁。

{资料来源:
1.日男女平均寿命创新高
2014年08月02日 07:11 来源:南方都市报
原标题:日男女平均寿命创新高
据新华社电 日本厚生劳动省2014-7月31日发表的统计数据表明,2013年日本男性和女性的平均寿命分别达到80 .21岁和86.61岁,均创纪录,其中男性平均寿命首次超过80岁。
与上一年相比,日本男性平均寿命增加了0 .27岁,女性增加了0 .20岁。
日本厚生劳动省说,日本男性平均寿命位居世界第四,女性的平均寿命连续两年位居世界第一。
目前,癌症、心脏病和脑卒中居日本人口死因前三位,导致日本人死亡的比例占到50%以上。调查显示,日本男女平均寿命增加,主要原因是上述疾病情况有所改善。
日本1947年的男女平均寿命约在50岁,随着生活水平与医疗水平的提高,日本国民的平均寿命不断增加。1984年日本女性平均寿命达到80岁,2002年超过了85岁。
2.《2013年世界卫生统计报告》发布 中国人均寿命76岁 排中高收入国家之上
发布日期:2013-05-18 10:19  来源:羊城晚报
  北京消息 据环球时报报道:世界卫生组织2013-5-15日在瑞士日内瓦发布了《2013年世界卫生统计报告》,对全球194个国家和地区的卫生及医疗数据进行分析,包括人类预期寿命、死亡率和医疗卫生服务体系等9个方面。报告显示,2011年,中国人均寿命已达到76岁,高于同等发展水平国家,甚至高于一些欧洲国家。
  据英国路透社13-5-15日报道,该年度报告汇集了世卫组织成员国最近的卫生统计数据,其中人均寿命是最受关注的方面。世卫组织流行病学和疾病负担协调员科林•马瑟斯说:“全球平均预期寿命已经从1990年的64岁增加到2011年的70岁。”报告提供的数据显示,日本、瑞士和圣马力诺三国人均寿命最高,达到83岁;其次为澳大利亚、冰岛、芬兰、以色列、新加坡等国,为82岁;中国的人均寿命为76岁,高于同等发展水平国家;非洲的布隆迪、喀麦隆、中非和莱索托等国,人均寿命只有50岁左右。
  报告特别提到中国卫生条件改善。高收入国家的平均寿命为80岁,中高收入国家为74岁,中国的人均寿命排在中高收入国家之上。}

   健康长寿是好事。但要真正地健康长寿不容易。要生活能自立自理,健康地基本无病或无大病,心情基本愉快有着幸福感地长寿地活着。
故我认为,有必要成立一种面向公众的研究组织,比如叫做:日本国际健康长寿协会,引导(或者说是领导)众人如以上所述真正地健康地长寿,相信有价值,并会有人参加的。人员和经费实行会员制众人共同负担出资。以减轻家庭经济负担、减轻国家医疗经济和介护人员负担,为社会作出贡献。

目标为:
95岁以上、努力争取105岁以上能基本生活自理、健康长寿地生活着。

健康组织的运作构成及经费来源等:
成立协会,会费及捐款,寄赠金、寄附金等
开设网站,使用微信,电邮,
举办演讲会,
整体院,
气功体育班,
销售健康食品、市贩许可中西药,
视频音响DVD出版物、书籍,
政府及财团等的资助
其他。

(会员分类:
1.普通会员5,
2.元老会员,赞助会员, 特殊会员:锡级会员25,铜级会员50,银级会员250,金级会员500,钻石会员大数字)
研究人员事务管理人员
志愿者队伍
经费支出会计审核
表彰奖励

世界最长寿女性是116岁高龄的日本大阪市的大川美佐绪女士(吉尼斯世界最长寿者)(2014年)
世界最长寿男性是111岁高龄的日本东京都老人百井盛先生(吉尼斯世界最长寿男性)(2014年)

   但是,日本和世界各国的老年人(乃至部分中老年人),60岁(乃至部分50岁左右开始)后身体抗病能力下降,易感染细菌病毒疾病,易得心肺肾肠各种慢性病,脑力和体力逐步下降不足。老年人,以日本人为例,一般亡故前因生活不能基本自理,而约需10年左右的不同程度的家庭或医疗机构的介护(男约9年,女约12年),家庭和国家介护人员及医疗经济负担沉重,病人也较为不愉快或痛苦。如能将10年左右的平均介护时间经努力后减少为3年左右(减少7年左右!减少为原来的1/3),实为重要,并也是能够做到的。
   健康长寿组织的目标和最终结果为,通过保健抗衰老及防病治病等各种方法措施,老年人非但能长命百岁,还能基本上愉快健康地生活着。力争不要介护的健康寿命不短于平均寿命的3年左右。

(資料:健康寿命については日本厚労省が、数字を公表しているが、男性で約70才である。ちなみに「介護を受けたり、病気で寝たきりにならずに、自立して健康に生活できる期間を健康寿命」と定めている。一方で、受益者側の認識では、国民健康・栄養調査での健康寿命の認識率は四分の一に満たない。多くの人は平均寿命が自分の寿命(男性なら80才)と思い込み、運が悪いと早まるものという程度の認識しかない。)

现代、近代历史名人等寿命:
毛泽东 82足岁(1893年12月26日-1976年9月9日)
周恩来 77足岁 (1898年3月5日-1976年1月8日)
朱 德  89足岁(1886年12月1日-1976年7月6日)
邓小平 92足岁(1904年8月22日-1997年2月19日)
斯大林 73足岁(1879年12月21日-1953年3月5日)
金日成 82足岁(1912年4月15日-1994年7月8日)
蒋介石 87足岁(1887年10月31日-1975年4月5日)
尼克松美国总统 81足岁(1913年1月9日-1994年4月22日)
撒切尔英国首相 87足岁(1925年10月13日-2013年4月8日)
密特朗法国总统 79足岁(1916年10月26日-1996年1月8日)
日本昭和天皇 88足岁(1901年4月29日-1989年1月7日)
爱因斯坦(大物理学家) 76足岁(1879年3月14日-1955年4月18日)

日本东京大学医学部老年病学教室已故历代教授寿命:
冲中 重雄 89足岁(おきなか しげお、1902年10月8日-1992年4月20日)
吉川 政己 83足岁(1918年即大正7年11月22日-2002年即平成14年2月6日)
原澤 道美 76足岁(1926年即大正15年3月16日-2002年即平成14年9月21日)
(日本東京大学医学系研究科・医学部 (略))

  以上这些现代历史名人和东京大学医学部老年病学教室历代教授,享受着国家级甚至是世界级的医疗保健条件,他们有最高等级的医生护士等为他们工作。但拥有如此好的、顶尖级的医疗保健药品等条件,平均寿命却也只有八十几足岁。这是为什么呢?究其原因,主要为现今的基础和临床的研究不大理想,没有达到真正地抗衰延寿,需要向更深更广处进一步研究,要从根本上真正达到健康地长寿地生活着。人类长寿是一件很不容易做好的事。人非常长寿(如110岁)可能是很偶然的,很难的。这有待我们医学科研人士进一步努力,官民在人力财力上进一步投入,实现人类健康长寿的远大目标!

衰老的学说:
遗传程序生物钟学说、
免疫学说、
神经内分泌学说、
自由基学说、
蛋白质合成差错累积学说、
DNA损伤修复学说、
线粒体损伤学说、
错误修复累积学说、
端区假说等等

健康长寿抗衰老主要工作:
治疗现有疾病。
预防将可能发生的疾病。
抗衰老、推迟衰老、中止衰老。

健康长寿抗衰老开始时间:
主要从衰老明显的更年期开始,女性约自50岁左右开始,男性约55岁左右开始。
抗衰老、健康长寿生活必需品,要有计划,集体性共通性预防,个性化预防即因人而异分清主次轻重。

健康长寿抗衰老主要方法和途径为:
生活作息规律、
增进睡眠、
营养食物、
健康食品、
体育锻练、
按摩推拿、
气功瑜迦、
心理辅导、
西药及中药汉方、
以及其他物理化学方法。

主要参考书籍、刊物及网站等一览表(略):
1.实用延年益寿学
2.实用医学大辞典
3.老年医学
4.衰老与老年病防治研究
5.热爱生命-中老年疾病的营养治疗
6.老人科研修ノート
7.老いと健康
8.老年医学の道を歩んで
9.老けるな!
10.老年者の不眠
11.实用营养学
12.实用高血压学
13.现代肿瘤学
14.肿瘤学 新理论与新技术
15.临床用药指南
16.临床用药的药理学基础
17.新编药物学
18.神经药理学
19.精神药理学
20.现代中药药理手册
21.中药抗肿瘤有效成分药理与应用
22.中药大辞典
23.药师手册
24.常用药物新用途临床大全
25.精神病学
26.神经科学
27.神经内分泌学
28.神经科学百科全书
29.生物学
30.高等医药院校教材 解剖学
31.高等医药院校教材 生理学
32.高等医药院校教材 生物化学
33.高等医药院校教材 病理学
34.高等医药院校教材 医用微生物学
35.高等医药院校教材 诊断学
36.高等医药院校教材 内科学
37.诸福堂实用儿科学
38.中华妇产科学
39.眼科全书
40.標準外科学
41.普通心理学
42.医用生物化学
43.神经分子生物学
44.血液分子细胞生物学
45.体温生理学
46.特殊营养学
47.世界124种难治病中西医结合诊断与治疗
48.现代穴位疗法大全
49.睡眠医学 理论与实践
50.现代睡眠医学
51.医药实验动物模型
52.现代神经科学研究技术
53.诺贝尔奖获奖者全书
54.2010年起的以下多种杂志刊物网站许许多多篇防癌、长寿关联论文等(略):
Nature (《自然》系列)
Science (《科学》)      
Cell (《细胞》系列)   
PNAS (《美国国家科学院院刊》)
PLOS (《公共科学图书馆》系列)
The Royal Society (《皇家学会学报)
Genome Research (《基因组研究》)
NEJM (《新英格兰医学杂志》)
The Lancet (《柳叶刀》系列)
JAMA (《美国医学会杂志》)
BMJ (《英国医学杂志》)
Cancer Res (《癌症研究》)
CA (《临床癌症杂志》)
JCI (《临床研究》)
APS (《美国生理学杂志》)
Oncotarget ( ( 肿瘤目标 ))
Cancer Sci(《癌症科学(日)》)
中国生理学会各杂志刊物
《中华肿瘤杂志》     等
55.许许多多种中文版、日文版、英文版的科学、医学、健康网站(名略)防癌、长寿关联论文等(略)

世界医学科学强项大学医学院名录(略)

全诺贝尔生理学或医学奖获奖者名单(略)



日本語訳:

科学的な抗癌、健康と長寿協会(組織)雑談 寿命を延ばす、 百歳まで長生き (概要)

顧漢涛

2014-9-6

日本人の平均寿命は83歳(87女、80男)で、中国の一人当たりの平均寿命は76歳でした。
{資料源:
1、日本男性と女性の平均寿命最高記録
2014年08月02日 07:11 南方都市報
元タイトル:日本男性と女性の平均寿命最高記録
新華社通信によると、厚生労働省2014-7月31日公開された統計情報が表示して、2013日本の男性と女性の平均寿命はそれぞれ80.21歳、86.61歳、記録が両方破りました。男性平均寿命80歳が初めて超えていました。前年度と比べると、日本人男性平均寿命0.27年によって増加し、女性は0.20年に増加しました。
厚生労働省は日本男性平均寿命が世界で4位、女性平均寿命が2年連続で世界第1位にランクと発表しました。
現在、がん、心臓病や脳卒中は、日本人口死亡のトップ三つ原因なります。日本人死亡原因の割合が50%以上を占めました。調査から、日本男性と女性の平均寿命を増やす原因は上記病気の状況は改善しています。
1947年に日本の男性と女性平均寿命は50歳ですが、生活水準と医療レベルが上げて、日本人の平均寿命は増加しています。1984年日本人女性の平均寿命は80歳に達しました、2002年に85歳が超えていました。
2、「2013年世界保健統計レポート」発表 中国一人当たりの平均寿命76歳  
発売日:2013年5月18日10時19分:羊城イブニングニュース
グローバル・タイムズ北京ニュースの報告によると:世界保健機関(WHO)は、「世界保健統計レポート2013」、ジュネーブ、スイスで2013年5月15日にリリースされ、グローバル194の国と地域での医療データが分析しましたが、人間の平均寿命、死亡率および保健サービスシステム、九つ側面を含みます。レポートから示して、2011年、中国平均寿命は76歳に達しています、同じレベル国よりも高いですが、一部のヨーロッパ諸国よりもさらに高いです。
英国のロイター通信によると13-5-15に報告し、年次報告書は最新加盟国保健統計データを収集しました、平均寿命の方が注目になりました。WHO疫学と疾病重荷のコーディネーター•コリン・マザーズ氏は世界平均寿命は1990年に64歳から2011年に70歳までに増加していることを言いました。レポートによって提供したデータから、日本、スイス、サンマリノ三つ最高の平均寿命、83歳に達しました。次にオーストラリア、アイスランド、フィンランド、イスラエル、シンガポールおよびその他の国、82歳です。中国の平均寿命は76歳です、同じレベル国よりも高いです。アフリカ、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ、レソトおよびその他の国では、平均寿命はわずか50歳です。
レポートは中国の健康状態を改善することを特別に挙げました。高所得国の平均寿命は80歳、中高所得国では、74歳でした、中国の平均寿命は高所得国の上位で占めました。}

健康と長寿は良いことです。しかし、本当に良い健康と長寿に簡単ではありません。自立して生活するために、健康無病または実質的にない深刻な病気、幸福を基本的な感じて長寿生きています。したがって、私が思うに、指向公的研究機関が成立しなければなりません。日本国際健康長寿協会と呼ばれるが、みんなが本当に上述したように健康長寿をガイド(またはリーダーシップ)をします、私は価値があるを信じています。そして、誰かが参加します。スタッフおよび資金調達は会員システム、みんなで負担を共有するが実施します。国民経済を軽減し、家族の経済的負担と長期介護医療スタッフの負担を軽減して社会に貢献するため。

目標は:
95歳以上、基本的には健康と長寿と一緒に暮らすために、自分自身の世話をすることができます以上の105歳のために努力します。

健康組織の構造と機能、資金のソース:
協会の設立、貢献や寄付金など
ウェブサイトの設定、電子メール、
講座を行う、
整体院
気功スポーツクラス
健康食品の販売、販売許可漢方薬と西洋薬
ビデオDVDオーディオの出版物、書籍
政府とコンソーシアムが援助します
他の。

(会員種類:
1、普通会員5、
2、ベテランメンバー、賛助会員、特別メンバー:錫メンバー25、ブロンズメンバー50、シルバーメンバー250、ゴールドメンバー500、ダイヤモンドメンバー)
研究者とサービスマネージャー
ボランティアのチーム
支出の会計監査
表彰賞

世界最長寿の116歳の大川ミサヨ(女)大阪市日本で(ギネス世界最長寿の女性人間)(2014)
世界最長寿の111歳の百井盛(男)東京都日本で(ギネス世界最長寿の男性人間)(2014)

しかし、日本と世界中の高齢者、60歳から体は病害抵抗性を減少させました、ウイルス性疾患にかかりやすいし、腸、心臓、肺や腎臓で慢性疾患になりやすいです。心と体が徐々に欠陥であります。高齢者、日本のケースにおいて、通常死亡生活前に基本的な自分の世話をすることはできませんので、家族や医療機関の様々な程度介護約10年が必要である(男性約9年、女性約12年)、家庭と国家の長期介護職員と治療の重い財政負担であって、患者全く心地よくないや痛みを伴います。平均長期介護10年ほど時間は、約3年に減少すれば、(1/3になりました。)それは確かに重要であり、実行することができます。
健康長寿組織の目標と結果は:健康老化防止のや病気の予防方法やその他の措置を通じて、だけでなく、高齢者には、長い人生を生きることができ、基本的には健康で幸せに生きています。長期介護要らなくて、平均寿命3年以上で健康的な生活します。

(資料:健康寿命については日本厚労省が、数字を公表しているが、男性で約70才である。ちなみに「介護を受けたり、病気で寝たきりにならずに、自立して健康に生活できる期間を健康寿命」と定めている。一方で、受益者側の認識では、国民健康・栄養調査での健康寿命の認識率は四分の一に満たない。多くの人は平均寿命が自分の寿命(男性なら80才)と思い込み、運が悪いと早まるものという程度の認識しかない。)

近代、現代歴史上の有名な人物など:
毛沢東氏82足歳(1893年12月26日 – 1976年9月9日)
周恩来氏77足歳(1898年3月5日 – 1976年1月8日)
朱徳   氏 89足歳(1886年12月1日 – 1976年7月6日)
鄧小平氏 92足歳(1904年8月22日 – 1997年2月19日)
スターリン氏73足歳(1879年12月21日 – 1953年3月5日)
キム・イルソン氏82足歳(1912年4月15日 - 1994年7月8日)
チェンマイ氏87足歳(1887年10月31日 – 1975年4月5日)
米大統領リチャード・ニクソン氏81足歳(1913年1月9日 – 1994年4月22日)
英国首相マーガレット・サッチャー氏87足歳(1925年10月13日 – 2013年4月8日)
フランス大統領ミッテラン氏79足歳(1916年10月26日 – 1996年1月8日)
昭和天皇88足歳(1901年4月29日 – 1989年1月7日)
アインシュタイン氏(物理学者)76足歳(1879年3月14日 – 1955年4月18日)

日本東京大学医学部老人病学教室いまは亡き教授の寿命:
冲中 重雄 89足歳(おきなか しげお、1902年10月8日-1992年4月20日)
吉川 政己 83足歳(1918年即大正7年11月22日-2002年即平成14年2月6日)
原澤 道美 76足歳(1926年即大正15年3月16日-2002年即平成14年9月21日)
(日本東京大学医学系研究科・医学部 (省略))

これら近代、現代歴史上の有名な人物と日本東京大学医学部老人病学教室いまは亡き教授、国家、さらには世界クラスの医療保健条件を楽しみます、彼らは最高レベルな医師や看護師を持っています。しかし、高いレベル医療を持っていますが、平均寿命はわずか八十年代です。これはなぜですか?理由は、今は主に基礎および臨床研究のために適していません、、本当に抗寿命延長になりません。より深く、より広範でさらに検討する必要があり、基本的に健康長寿的な生きているを達成します。人間の寿命が延長することには非常に簡単なことではないです。
人々は非常に長寿(例えば110年)で偶然と思います、難しいです。これは、医学研究の努力が必要であり、政府民間は人間と財源が最も投資して、人間健康と長寿の野心的な目標を達成するために努力しましょう。

老化理論:
遺伝的プログラミングクロック理論、
イミュニティ学説、
神経内分泌理論、
フリーラジカル理論、
タンパク質合成誤差蓄積理論
DNA損傷修復理論、
ミトコンドリア損傷理論、
バグ修正の蓄積論、
エンドゾーン仮説など

老化防止と健康長寿メイン仕事:
既存の疾患の治療。
切迫した病気を防ぎます。
老化防止、老化中止、老化遅延。

老化防止と健康長寿の開始時刻:
かなりの老化は更年期から始まりました、女性は約50年齢始まって、男性は約55歳始めました。老化防止、健康長寿は生活にとして必需品で言えます。計画を持って、集団性と共通性が予防して、パーソナライズ的な優先順位を付けて予防します。

老化防止と健康長寿予防の方法と手段:
生活習慣、
睡眠を改善、
栄養食品、
健康食品、
体育運動、
マッサージ、
気功ヨガ、
心理カウンセリング、
漢方と西洋薬、
ならびに他の物理的及び化学的方法。

主な参考図書、出版物やウェブサイトのリスト:
1.実用的な長寿学
2.実用的な医学辞書
3.老年医学
4.老化と老人病の予防研究
5.熱愛生活 – 年齢関連疾患における栄養療法
6.老人科研修ノート
7.老いと健康
8.老人医学の道を歩んで
9.老けるな!
10.老人者の不眠
11.応用栄養学
12.応用高血圧学
13.現代がん領域
14.がん領域の新しい理論と新技術
15.臨床薬ガイド
16.臨床医学の薬理学的基礎
17.新薬研究
18.神経薬理学
19.精神薬理学
20.現代漢方薬理学
22.漢方大辞書
23.薬剤師手帳
24.常用薬物新用途臨床大全
25.精神医学
26.神経科学
27.神経内分泌学
28.神経科学百科事典
29.生物学
30.高級医科大学教科書 解剖学
31.高級医科大学教科書 生理学
32.高級医科大学教科書 生化学
33.高級医科大学教科書  病理学
34.高級医科大学教科書  医微生物学
35.高級医科大学教科書  診断学
36.高級医科大学教科書  内科学
37.朱福堂実用小児科学
38.中国の産婦人科
39.眼科ブック
40.標準的な外科学
41.一般的な心理学
42.医療生化学
43.分子神経生物学
44.血液分子細胞生物学
45.体温生理学
46.特別な栄養学
47.世界124種類治療が困難統合診断と治療
48.現代の鍼治療ブック
49.睡眠医学の理論と実践
50.現代の睡眠医学
51.医学実験動物モデル
52.現代の神経科学技術
53.ノーベル賞受賞者ブック
54.2010年から次の記事雑誌出版のウェブサイト多くの抗癌と長寿関連論文(省略):
ネイチャー(「ネイチャー」シリーズ)
サイエンス(「科学」)
セル(「セル」シリーズ)
PNAS(「PNAS」)
PLOS(「公共図書館学」シリーズ)
The Royal Society (「王立協会」)
Genome Research(「ゲノム研究」  
NEJM (New England Journal of Medicine誌)
The Lancet(「ランセット」シリーズ」)
JAMA(「米国医師会ジャーナル」)
BMJ(「英国の医学雑誌」)
Cancer RES(「がん研究」)
CA(「Journal of Clinical Oncology誌」)
JCI(「臨床研究」)
APS(「生理学のアメリカジャーナル」)
Oncotarget((腫瘍目標))
Cancer Sci(「がんサイエンス(日本))
中国生理学会出版物と文献
「がん領域の中国の雑誌」など
55.中国語、日本語、英語を多くの種類の科学、医療、健康のウェブサイト(名は省略)は、抗癌と長寿に関連する論文など(省略)

世界の医学的強み大学の一覧(省略)

全ノーベル生理学・医学賞受賞者リスト(省略)

(2016-12-15 RIKU 日本語訳)

发表于 2016-12-27 12:41:03 | 显示全部楼层
日本語訳:

科学的な抗癌、健康と長寿協会(組織)雑談 寿命を延ばす、 百歳まで長生き (概要)

顧漢涛

2014-9-6

日本人の平均寿命は83歳(87女、80男)で、中国の一人当たりの平均寿命は76歳でした。
{資料源:
1、日本男性と女性の平均寿命最高記録
2014年08月02日 07:11 南方都市報
元タイトル:日本男性と女性の平均寿命最高記録
新華社通信によると、厚生労働省2014-7月31日公開された統計情報が表示して、2013日本の男性と女性の平均寿命はそれぞれ80.21歳、86.61歳、記録が両方破りました。男性平均寿命80歳が初めて超えていました。前年度と比べると、日本人男性平均寿命0.27年によって増加し、女性は0.20年に増加しました。
厚生労働省は日本男性平均寿命が世界で4位、女性平均寿命が2年連続で世界第1位にランクと発表しました。
現在、がん、心臓病や脳卒中は、日本人口死亡のトップ三つ原因なります。日本人死亡原因の割合が50%以上を占めました。調査による、日本男性と女性の平均寿命を増やす原因は上記病気の状況は改善しています。
1947年に日本の男性と女性平均寿命は50歳ですが、生活水準と医療レベルが上げて、日本人の平均寿命は増加しています。1984年日本人女性の平均寿命は80歳に達しました、2002年に85歳が超えていました。
2、「2013年世界保健統計レポート」発表 中国一人当たりの平均寿命76歳  
発売日:2013年5月18日10時19分:羊城イブニングニュース
グローバル・タイムズ北京ニュースの報告によると:世界保健機関(WHO)は、「世界保健統計レポート2013」、ジュネーブ、スイスで2013年5月15日にリリースされ、グローバル194の国と地域での医療データが分析しましたが、人間の平均寿命、死亡率および保健サービスシステム、九つ側面を含みます。レポートから示して、2011年、中国平均寿命は76歳に達しています、同じレベル国よりも高いですが、一部のヨーロッパ諸国よりもさらに高いです。
英国のロイター通信によると13-5-15に報告し、年次報告書は最新加盟国保健統計データを収集しました、平均寿命の方が注目になりました。WHO疫学と疾病重荷のコーディネーター•コリン・マザーズ氏は世界平均寿命は1990年に64歳から2011年に70歳までに増加していることを言いました。レポートによって提供したデータから、日本、スイス、サンマリノ三つ最高の平均寿命、83歳に達しました。次にオーストラリア、アイスランド、フィンランド、イスラエル、シンガポールおよびその他の国、82歳です。中国の平均寿命は76歳です、同じレベル国よりも高いです。アフリカ、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ、レソトおよびその他の国では、平均寿命はわずか50歳です。
レポートは中国の健康状態を改善することを特別に挙げました。高所得国の平均寿命は80歳、中高所得国では、74歳でした、中国の平均寿命は高所得国の上位で占めました。}

健康と長寿は良いことです。しかし、本当に健康と長寿に簡単ではありません。自立して生活するために、健康無病または実質的にない深刻な病気、幸福を基本的な感じて長寿生きています。したがって、私が思うに、指向公的研究機関が成立しなければなりません。日本国際健康長寿協会と呼ばれるが、みんなが本当に上述したように健康長寿をガイド(またはリーダーシップ)をします、私は価値があるを信じています。そして、誰かが参加しますが。スタッフおよび資金調達は会員システム、みんなで負担を共有するが実施します。国民経済を軽減し、家族の経済的負担と長期介護医療スタッフの負担を軽減して社会に貢献するため。

目標は:
95歳以上、基本的には健康と長寿と一緒に暮らすために、自分自身の世話をすることができます以上の105歳のために努力します。

健康組織の構造と機能、資金のソース:
協会の設立、貢献や寄付金など
ウェブサイトの設定、電子メール、
講座を行う、
整体院
気功スポーツクラス
健康食品の販売、販売許可漢方薬と西洋薬
ビデオDVDオーディオの出版物、書籍
政府とコンソーシアムが援助します
他の。

(会員種類:
1、普通会員5、
2、ベテランメンバー、賛助会員、特別メンバー:錫メンバー25、ブロンズメンバー50、シルバーメンバー250、ゴールドメンバー500、ダイヤモンドメンバー)
研究者とサービスマネージャー
ボランティアのチーム
支出の会計監査
表彰賞

世界最長寿の116歳の大川ミサヨ(女)大阪市日本で(ギネス世界最長寿の女性人間)(2014)
世界最長寿の111歳の百井盛(男)東京都日本で(ギネス世界最長寿の男性人間)(2014)

しかし、日本と世界中の高齢者、60歳から体は病害抵抗性を減少させました、ウイルス性疾患にかかりやすいし、腸、心臓、肺や腎臓で慢性疾患になりやすいです。心と体が徐々に欠陥であります。高齢者、日本のケースにおいて、通常死亡生活前に基本的な自分の世話をすることはできませんので、家族や医療機関の様々な程度介護約10年が必要である(男性約9年、女性約12年)、家庭と国家の長期介護職員と治療の重い財政負担であって、患者全く心地よくないや痛みを伴います。平均長期介護10年ほど時間は、約3年に減少すれば、(1/3になりました。)それは確かに重要であり、実行することができます。
健康長寿組織の目標と結果は:健康老化防止のや病気の予防方法やその他の措置を通じて、だけでなく、高齢者には、長い人生を生きることができ、基本的には健康で幸せに生きています。長期介護要らなくて、平均寿命3年以上で健康的な生活します。

(資料:健康寿命については日本厚労省が、数字を公表しているが、男性で約70才である。ちなみに「介護を受けたり、病気で寝たきりにならずに、自立して健康に生活できる期間を健康寿命」と定めている。一方で、受益者側の認識では、国民健康・栄養調査での健康寿命の認識率は四分の一に満たない。多くの人は平均寿命が自分の寿命(男性なら80才)と思い込み、運が悪いと早まるものという程度の認識しかない。)

近代、現代歴史上の有名な人物など:
毛沢東氏82足歳(1893年12月26日 – 1976年9月9日)
周恩来氏77足歳(1898年3月5日 – 1976年1月8日)
朱徳   氏 89足歳(1886年12月1日 – 1976年7月6日)
鄧小平氏 92足歳(1904年8月22日 – 1997年2月19日)
スターリン氏73足歳(1879年12月21日 – 1953年3月5日)
キム・イルソン氏82足歳(1912年4月15日 - 1994年7月8日)
チェンマイ氏87足歳(1887年10月31日 – 1975年4月5日)
米大統領リチャード・ニクソン氏81足歳(1913年1月9日 – 1994年4月22日)
英国首相マーガレット・サッチャー氏87足歳(1925年10月13日 – 2013年4月8日)
フランス大統領ミッテラン氏79足歳(1916年10月26日 – 1996年1月8日)
昭和天皇88足歳(1901年4月29日 – 1989年1月7日)
アインシュタイン氏(物理学者)76足歳(1879年3月14日 – 1955年4月18日)

日本東京大学医学部老人病学教室いまは亡き教授の寿命:
冲中 重雄 89足歳(おきなか しげお、1902年10月8日-1992年4月20日)
吉川 政己 83足歳(1918年即大正7年11月22日-2002年即平成14年2月6日)
原澤 道美 76足歳(1926年即大正15年3月16日-2002年即平成14年9月21日)
(日本東京大学医学系研究科・医学部 (省略))

これら近代、現代歴史上の有名な人物と日本東京大学医学部老人病学教室いまは亡き教授、国家、さらには世界クラスの医療保健条件を楽しみます、彼らは最高レベルな医師や看護師を持っています。しかし、高いレベル医療を持っていますが、平均寿命はわずか八十年代です。これはなぜですか?理由は、今は主に基礎および臨床研究のために適していません、、本当に抗寿命延長になりません。より深く、より広範でさらに検討する必要があり、基本的に健康長寿的な生きているを達成します。人間の寿命が延長することには非常に簡単なことではないです。
人々は非常に長寿(例えば110年)で偶然と思います、難しいです。これは、医学研究の努力が必要であり、政府民間は人間と財源が最も投資して、人間健康と長寿の野心的な目標を達成するために努力しましょう。

老化理論:
遺伝的プログラミングクロック理論、
イミュニティ学説、
神経内分泌理論、
フリーラジカル理論、
タンパク質合成誤差蓄積理論
DNA損傷修復理論、
ミトコンドリア損傷理論、
バグ修正の蓄積論、
エンドゾーン仮説など

老化防止と健康長寿メイン仕事:
既存の疾患の治療。
切迫した病気を防ぎます。
老化防止、老化中止、老化遅延。

老化防止と健康長寿の開始時刻:
かなりの老化は更年期から始まりました、女性は約50年齢始まって、男性は約55歳始めました。老化防止、健康長寿は生活にとして必需品で言えます。計画を持って、集団性と共通性が予防して、パーソナライズ的な優先順位を付けて予防します。

老化防止と健康長寿予防の方法と手段:
生活習慣、
睡眠を改善、
栄養食品、
健康食品、
体育運動、
マッサージ、
気功ヨガ、
心理カウンセリング、
漢方と西洋薬、
ならびに他の物理的及び化学的方法。

主な参考図書、出版物やウェブサイトのリスト:
1.実用的な長寿学
2.実用的な医学辞書
3.老年医学
4.老化と老人病の予防研究
5.熱愛生活 – 年齢関連疾患における栄養療法
6.老人科研修ノート
7.老いと健康
8.老人医学の道を歩んで
9.老けるな!
10.老人者の不眠
11.応用栄養学
12.応用高血圧学
13.現代がん領域
14.がん領域の新しい理論と新技術
15.臨床薬ガイド
16.臨床医学の薬理学的基礎
17.新薬研究
18.神経薬理学
19.精神薬理学
20.現代漢方薬理学
22.漢方大辞書
23.薬剤師手帳
24.常用薬物新用途臨床大全
25.精神医学
26.神経科学
27.神経内分泌学
28.神経科学百科事典
29.生物学
30.高級医科大学教科書 解剖学
31.高級医科大学教科書 生理学
32.高級医科大学教科書 生化学
33.高級医科大学教科書  病理学
34.高級医科大学教科書  医微生物学
35.高級医科大学教科書  診断学
36.高級医科大学教科書  内科学
37.朱福堂実用小児科学
38.中国の産婦人科
39.眼科ブック
40.標準的な外科学
41.一般的な心理学
42.医療生化学
43.分子神経生物学
44.血液分子細胞生物学
45.体温生理学
46.特別な栄養学
47.世界124種類治療が困難統合診断と治療
48.現代の鍼治療ブック
49.睡眠医学の理論と実践
50.現代の睡眠医学
51.医学実験動物モデル
52.現代の神経科学技術
53.ノーベル賞受賞者ブック
54.2010年から次の記事雑誌出版のウェブサイト多くの抗癌と長寿関連論文(省略):
ネイチャー(「ネイチャー」シリーズ)
サイエンス(「科学」)
セル(「セル」シリーズ)
PNAS(「PNAS」)
PLOS(「公共図書館学」シリーズ)
The Royal Society (「王立協会」)
Genome Research(「ゲノム研究」  
NEJM (New England Journal of Medicine誌)
The Lancet(「ランセット」シリーズ」)
JAMA(「米国医師会ジャーナル」)
BMJ(「英国の医学雑誌」)
Cancer RES(「がん研究」)
CA(「Journal of Clinical Oncology誌」)
JCI(「臨床研究」)
APS(「生理学のアメリカジャーナル」)
Oncotarget((腫瘍目標))
Cancer Sci(「がんサイエンス(日本))
中国生理学会出版物と文献
「がん領域の中国の雑誌」など
55.中国語、日本語、英語を多くの種類の科学、医療、健康のウェブサイト(名は省略)は、抗癌と長寿に関連する論文など(省略)

世界の医学的強み大学の一覧(省略)

全ノーベル生理学・医学賞受賞者リスト(省略)

(2016-12-27 RIKU 日本語校)
 楼主| 发表于 2019-1-10 13:08:47 | 显示全部楼层
本帖最后由 邓文龙 于 2019-5-17 18:29 编辑

防癌、防痴呆、延寿(200岁无癌无痴呆健康寿命研究)等的漫谈

预防癌症、预防老年痴呆、延年益寿等方面的漫谈,包括一些防癌复发、治疗癌症及老年痴呆等。

可能分多次谈、逐步增加及补充修改。

2017年,日本人一生生癌的概率约54%,换言之54%日本人一生中会生一次或一次以上的癌症(约一半多一点的日本人会生癌)。一半多,很多啊!

2017年,日本人新生癌者约为101万人,可惜了,现代科学之高精尖部分、可使日本每年新生癌者降到约10万人左右、90%的人可以不生癌、换言之、约90万人可以不生癌!

2017年,日本人超过100岁的已有6万多人。但最高的也只有115岁左右。

全世界最高寿命者为一个法国人,曾活到122岁。

如果他们本人愿意的话,现代科学可使日本今年目前的6万多百岁老人、约半数可活到157岁、最高可活到214岁(应用现代科学之高精尖部分)!并且多数人多数时间能工作或独立生活。世界上不少国家的人也能像日本那样、半数左右可活到157岁、最高214岁。

其实,活到1百岁已不容易,要活到157岁~214岁、多少有点难似上青天了。这是需要努力的,在经费和人力等方面。这是有成本的,故可能刚开始只能面向部分人。在日本,我亲自见过的一个百岁以上老人,在中国及其他国家地区,百岁以上老人一个也没有见过。长寿有家族遗传性、家族倾向性,我母亲方面长寿者较多点,我母亲82足岁,亲舅舅86足岁,伯舅舅(外公兄弟的儿子)95足岁,伯舅母97足岁,难得可贵的是,他们都能独立生活,我母亲能骑自行车,我舅舅能开电瓶车,伯舅舅还能轻农田间劳动、伯舅母能做一般家庭劳动。他们都在上海郊区居住。我衷心祝愿、希望他们活到一百岁以上。

动物的寿命一般是生长期的5倍,人类的生长期是20-25年,故人的寿命约为100-125岁。根据现代科学一般性及高精尖的知识和技术,我们经过研究分析计算核对,认为人的寿命最长可达214岁,已活过100岁的人,约半数人可活到157岁左右(即中位数为157岁)。单单长寿意义还是小的,要的是健康寿命,要能够从事轻脑力或轻体力工作,至少能基本上独立生活。我们在想,杰出的、优秀的科学家、医师、企业家、政治家,等等,他们非常长寿社会意义是较大的,人类社会需要他们继续作贡献,培养他们也真不容易、花了好几十年时间和很多的钱。所以我们认为,大科学家如一些诺贝尔奖获得者、世界顶尖级大学的主任教授、享誉国际的著名科学院工程院院士、世界级的大企业家大慈善家、世界级杰出的政治家,等等,如果他们本人愿意的话,应该设法让他们健康长寿、能从事轻脑力体力工作,生活到157岁左右或以上,让他们继续为人类为社会为世界作贡献。刚开始人数不能太多,可能控制在中老年人口数的1%以下为妥。

健康寿命一般是指不需要医生、护士、家族等人帮助、基本生活自理的寿命。目前日本人男女健康寿命比平均寿命少约10岁,日本人男女平均寿命约84岁、健康寿命少约10岁、大约为74岁。实际上,健康寿命比平均寿命社会意义更大,社会和我们研究人员等更重视、追求更长的健康寿命。以我们拥有的科学知识和技术,1百岁之前健康寿命比平均寿命约少3岁,1百岁到2百多岁间健康寿命比平均寿命约少7岁。

我个人在中国上海的医科大学毕业以后,做了5年的临床医师(病房门诊工作),其间还从事了电生理学等的研究。在日本的大学研究生院医学部门,学习研究治病防病抗衰老等。有一定知识和经验。

为达到人类健康寿命200岁左右的计划,还需要进一步的研究,需要做一些实验等。

由于存在各种成本,某种意义上说,健康和寿命是用金钱卖来的。换言之,不付出些金钱、经济成本,就不会有良好的健康和长命百寿的。

全世界目前大约有74亿人口,出生率大约2%,死亡率大约1%。出生人数多于亡故人数、总人口在逐步增加中。统计常有所变动不太准,属于模糊数学范畴。男女平均大约50岁左右开始进入更年期,开始逐步加速衰老、脑力体力下降而力不从心,罹患各种疾病并有轻重不等各种不快苦楚疼痛症状、而走向死亡。世界男女平均寿命大约为72岁左右(日本人为84岁,中国人为76岁)。这是一个自然规律。中老年起的疾病如各种癌症、高血压、糖尿病、心脏病、中风、老年痴呆等逐步发生并加重,症状逐步明显感觉痛苦、有时甚至生不如死、痛不欲生,直至死亡。医学基础研究和临床应用脱节还是较重的。50岁左右始到80岁左右亡故期间,难于达到心情愉快、无痛无苦、力所能及。要想达到健康长寿也真不容易。有待医药学界的努力和世界国家社会财力保障投入。
世界人口・寿命: https://memorva.jp/ranking/unfpa/  https://memorva.jp/ranking/unfpa/who_whs_life_expectancy.php

最近,日本每年新生癌者约为101万人,日本每年因癌死亡比例约为1/3,死亡者约为33万人,因癌治疗支出约在10万亿日元以上。中国每年新生癌者约为600多万人,因癌死亡比例约为2/3、约为400多万人(也有报道,2015年,中国有429.2万新发癌症病例和281.4万癌症死亡病例,因癌死亡比例约为2/3,相当于每天有12000人罹患癌症,有7500人因癌去世)。全世界每年约3千多万人新生癌症。这些日本、中国、等 乃至全世界的病人痛苦患癌及死亡是可惜的、可怜的。而老年痴呆,美国最近患者总数约为5百万人,医疗费支出每年约为2千亿美元。
美国老年痴呆症 :
http://health.huanqiu.com/health ... 1685099.html?agt=61  
http://tech.163.com/18/1005/08/DTBD9FPR00097U81.html

我们研究小团队结论:人类不生癌的研究和不生老年痴呆的研究,约4、5年前的2014年为止基本上已成功了(除了一些细节追加研究以外),接下来主要是应用和推广的事。还有,有一定劳动能力的、100岁以上的健康寿命,也已经基本研究成功了。2014年9月,我们研究小团队提出的、最少研究人员2人起、最低经费3600万日元(约36万美元)起,研究推广应用:科学防癌、健康长寿技术和知识。可以不生癌、得高健康寿命,并可追加、兼做兼顾不生老年痴呆(部分发病基因重叠),到后面仅需10%癌及老年痴呆治疗的经济费用、就可达到90%以上人一生不得癌、不得老年痴呆、并获高健康寿命,可节省约90%以上大量的经费金钱。可是4、5年过去了,政府或财团或富翁等暂不愿意支出这3600万日元(约36万美元),而仅日本一国每年就支付10万亿多日元用于治癌,仅美国就支出2千亿美元治疗老年痴呆,差距十分巨大!  
( 科学防癌、健康长寿规划总的目标 : http://www.kaseisyoji.com/forum. ... &extra=page%3D1  中国大陆地区以外可点击阅读 )

今后的研究,将主要集中精力在这3项(3个方面):不生癌、不痴呆(几个神经退行性疾病)、健康寿命200岁(足够的医学支持和经济支持、最高约214岁,最低约175岁),量力而为、按部就班地实施推广应用。
在庆祝和纪念这3项研究成功5周年的今年的适当时间,成立: 200岁无癌无痴呆健康寿命研究所。 首先为日本、其次为大中华国家和地区、然后再推广到全世界、为人类造福。



医学研究组防治能力一览表:  (以下 3 个连接,中国大陆有些地区可能看不到,可请到港澳台及日美欧加澳俄等其他国家看)

http://www.kaseisyoji.com/forum. ... digest%26digest%3D1

日本新患癌人数将创新高 101万人/年 最易患癌部位为大肠 :

http://www.kaseisyoji.com/forum. ... amp;extra=#pid90037

不生癌 奔一百  ガンなし 百歳まで :

http://www.kaseisyoji.com/forum. ... &extra=page%3D1

卫材中国持续助力5.9无走失日  (来源:美通社 2019-05-15 20:06)防阿尔兹海默病人走失 黄手环 (但能不生却还得生):

http://news.bioon.com/article/6738231.html

Nature期刊发文指出在科学技术领域,规模更大的研究团队并不总是表现更好:
https://www.nature.com/articles/s41586-019-0941-9
http://www.kaseisyoji.com/forum. ... &extra=page%3D6

《自然》:1-10人较小团队倾向于提出新想法和概念:
http://paper.sciencenet.cn/htmlp ... 12521495349185.shtm
http://www.kaseisyoji.com/forum. ... &extra=page%3D3



您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

本版积分规则

关于都市网 | 服务条款 | 开放平台 | 广告服务 | 商务洽谈 | 都市网招聘 | 都市网公益 | 客服中心 | 网站导航 | 版权所有

手机版|小黑屋|Comsenz Inc.  

© 2001-2013 源码论坛 Inc.    Powered by Weekend Design Discuz! X3.2

GMT+8, 2019-8-23 11:00 , Processed in 0.137356 second(s), 18 queries .

快速回复 返回顶部 返回列表