注册 找回密码
搜索
查看: 11|回复: 1

慶應義塾大学病院小児科、東京医科大学病院小児科

[复制链接]
发表于 2018-12-6 20:27:58 | 显示全部楼层 |阅读模式
本帖最后由 邓文龙 于 2018-12-6 20:36 编辑

慶應義塾大学病院小児科:

基本情報/医師紹介
お知らせ
外来診療担当表
医療従事者の方へ
概要

小児医療の多くの専門領域について各々の専門チームが高度で先進的な医療を提供しております。一方、多様化する周産期・小児疾患に対し、小児科単独では解決できない集学的医療を行うために、周産期・小児医療センター別ウインドウで開きます。の一員として診療を行っております。出産から新生児・小児医療を担う内科系・外科系関連診療科の全てと連携し、診療科の壁を超えた専門医の密接なチームワークを通じて、患者さんやご家族の立場に立った全人的医療を目指します。
特色・方針・目標

お子さんを病気や障害を抱えながら家庭や社会とのかかわりの中に生きる、ひとりの人間としてとらえること(全人的な医療)を心がけています。高い水準の医療を提供するにとどまらず、"こころ"も診る小児医療といいかえることができます。
当科には12の専門チーム(神経、内分泌・代謝、遺伝・奇形、精神保健・思春期、腎臓、新生児、循環器、呼吸器、血液・腫瘍、感染・免疫、外来小児科学、アレルギー)があり、これらが連携しつつ、お子さんの病気の診断、治療に当たります。また、各専門チームは多くの研究施設とも連携し、大学病院ならではの先進的な研究体制を有しております。これにより、子どもの病気が起こる仕組みや、いままで知られていなかった病気の診断も可能になってきています。

 お子さんの病気に合わせ、小児に関連した全ての診療科・部門とチーム医療を行っております(周産期・小児医療センター別ウインドウで開きます。)。お子さんの病気によっては成人してからも問題を抱える場合がありますが、内科を中心とした成人医療の専門医とも連携して治療に当たります。これも大学病院ならではのチーム医療体制といえます。
対象疾患は次のようになっております

神経:けいれん・てんかん、発達遅滞、頭痛・神経痛、中枢神経系の感染症、脳血管障害、末梢神経・筋疾患内分泌・代謝:低身長、高身長、性分化異常、原発性無月経、小陰茎、停留精巣、尿道下裂、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、先天性骨疾患、先天性代謝異常、小児生活習慣病遺伝:先天異常 ・多発性奇形症候群、奇形に精神発達の遅れを伴う場合精神保健:神経性食欲不振症、神経症、心身症、境界人格、小児期うつ病・統合失調症腎臓:学校検尿異常(血尿、蛋白尿)、腎炎、ネフローゼ、腎不全、先天性腎尿路奇形、尿路感染症、尿細管疾患、水腎症、嚢胞性疾患、尿細管疾患、高血圧、夜尿症新生児:早産児、低出生体重児心臓:先天性心疾患、後天性心疾患、不整脈、原発性肺高血圧症、川崎病血液:白血病、リンパ腫、神経芽腫、骨肉腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、肝芽腫、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病、血友病A/血友病B呼吸:長引く咳・鼻汁、喘息、先天性喘鳴、喉頭軟化症、気管狭窄・軟化症、気管支分岐異常、副鼻腔炎、反復性/慢性気管支炎・肺炎、誤嚥、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、嚢胞性肺疾患、気道異物、慢性呼吸不全感染:小児感染症一般、当院での肝移植前後のワクチン接種外来:日常的な健康問題や思春期の健康問題(だるい、朝起きられない、睡眠障害、月経の異常など)、予防接種・育児・成長・発達などのさまざまな健康問題の相談アレルギー:アレルギー疾患全般
次のような症状を扱っております

身長が低い・高すぎる、体重が増えない、肥満、思春期(乳房が大きい、陰毛・初潮など)が早く来た・来ない、けいれん・失神を起こした、ことばや発達が遅い、落ち着きがない、頭痛、疲れやすい、微熱が続く、顔色が悪い、鼻血が止まりにくい、リンパ節が腫れている、首にしこりがある、呼吸が苦しそう、咳が続く、ぜーぜー・ヒューヒューする、呼吸したときに変な音がする、肺炎を繰り返す、心臓に雑音があると言われた、脈が不整と言われた、ミルクを吐く、おなかをよく痛がる、お腹が膨らんでいる、ミルクなどの飲みがゆっくり、水分を異常に多く飲む、尿量が多い、発熱があったときに尿にばい菌がでているといわれた、尿路感染症をくりかえしている、手足にしびれや痛みがある、力が入りにくい、青あざができやすい、骨や関節を痛がる、骨折をくりかえす、食物アレルギーが心配、遺伝の病気があるといわれた、マススクリーニングの判定で受診を勧められた、病気や障害をもつ子どもの育児が心配、痛みが繰り返したり続いたりする、原因がよくわからないまま具合が悪い状態が続く、学校に行けない、どの科にかかればよいのかわからない、食事を食べられない、虐待をうけた

詳しい:

http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/shinryo/pediat/



华成旅行社  欢迎来电咨询:

电话:03-3833-9823  / 03-5688-1863
FAX :03-3833-9873  / 03-3834-5891

SOFTBANK电话:080-3398-4381   担当:小郭  微信号:08034162275
SOFTBANK电话:090-2172-4325   担当:小于  微信号:TYOSCL4325
SOFTBANK电话:080-3398-4387   担当:小李  微信号:huacheng4387
SOFTBANK电话:080-3398-4362   担当:小何  微信号:huacheng602
SOFTBANK电话:080-3084-4389   担当:小马  微信号:huacheng858

http://www.kaseisyoji.com/forum.php?mod=forumdisplay&fid=10]

 楼主| 发表于 2018-12-6 20:30:10 | 显示全部楼层
本帖最后由 邓文龙 于 2018-12-6 20:33 编辑

東京医科大学病院小児科 ご案内 :

小児科の2つの特長

一般外来の他に、精神・神経・発達、内分泌・代謝、アレルギー、腎臓、血液、循環器、予防接種、免疫、乳児検診、心理相談などに対応した外来があります。

病棟は一般小児(小児外科を含む)と新生児に分かれ、基準看護体制で入院を受け入れています。新生児集中治療室(NICU)は地域母子周産期センターとして産婦人科と連携し母体と病的新生児の搬送を受けています。

主な診療内容について

発達障害・てんかん
ADHD(注意-欠陥多動性障害)、自閉症(広汎性発達障害)、脳性麻痺、筋疾患などの発達障害を認める児の診断と治療を積極的に行っています。また、当施設はてんかん学会認定医施設であり、ビデオ脳波同時記録などを行い難治性てんかんの診断と治療を行っています。
感染・免疫疾患
小児期に流行する各種細菌・ウイルス性疾患の診断と治療を行います。PCR法(遺伝子検出)による迅速診断を利用し髄膜炎・脳炎・脳症等の診断と治療を行っています。また、各種肝炎ウイルス、免疫不全症の遺伝子診断も行っています。
内分泌・代謝疾患
下垂体性低身長症、思春期早発症、糖尿病等の負荷テスト、画像検査等による診断と治療を行います。下垂体性低身長症や糖尿病の患児には成長ホルモンやインスリンの自己注射も指導しています。
※RSウィルスに関する解説とお知らせ
※インフルエンザA(H1N1)pdm09耐性株による小児肺炎治療指針について

専門外来

小児頭痛外来小児呼吸器・気管支鏡外来小児消化器・内視鏡外来小児神経外来小児内分泌外来起立性調節障害(OD)外来アレルギー外来遺伝子外来夜尿症外来小児循環器外来思春期外来発達外来シナジス外来

詳しい:

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

本版积分规则

关于都市网 | 服务条款 | 开放平台 | 广告服务 | 商务洽谈 | 都市网招聘 | 都市网公益 | 客服中心 | 网站导航 | 版权所有

手机版|小黑屋|Comsenz Inc.  

© 2001-2013 源码论坛 Inc.    Powered by Weekend Design Discuz! X3.2

GMT+8, 2018-12-16 00:04 , Processed in 0.109081 second(s), 18 queries .

快速回复 返回顶部 返回列表